日本の祭り in しずおか 2020
第28回地域伝統芸能全国大会
「地域伝統芸能による豊かなまちづくり大会しずおか」

ホーム | 静岡女子高等学校

静岡県の団体



【静岡女子高等学校】
和太鼓


団体・芸能の概要

 静岡女子高等学校和太鼓部は静岡太鼓連盟会長の法月慶満氏が、平成25年に静岡女子高等学校生徒有志を募り指導を始めたのがきっかけとなり、翌年から部活動として活動を始め、現在では静岡女子高等学校文化部を代表する部活動となっています。
 校内においては、文化祭ステージ部門・周年行事や学校説明会のオープニング等で演奏を披露し、校外においても八幡神社夏祭り・静岡まつり登城行列・静岡マラソン沿道応援・浅間神社甘日会祭・静岡流通センター夏祭り・焼津市踊夏祭・大学での国際交流フェア等へ出演するなど、地域において積極的に和太鼓の魅力を発信しています。


演目映像

演目名:万次郎

 天城連峰の万二郎岳をイメージした曲で、天城連峰太鼓代表の堀江富雄氏の自作曲を、静岡県立修善寺工業高等学校(現静岡県立伊豆総合高等学校)郷土芸能部がアレンジし、静岡女子高等学校和太鼓部に伝授されたものです。
 農耕民族としての山への崇拝や山への感謝の気持ち、山に対する親しみや愛情を表現するとともに、勇壮な万二郎岳に全身全霊で捧げる力強い演奏を特徴としています。

演目名:祝太鼓

 地元の八幡神社例大祭で静岡女子高等学校和太鼓部が演奏を奉納するために、和太鼓部指導者で静岡太鼓連盟会長の法月慶満氏がアレンジした曲で、神様へのお礼やお祝いの気持ちを表現するとともに、人々を鼓舞する大きな身振りを特徴としています。


静岡県静岡市

 静岡市は温暖な気候に恵まれ、北は南アルプスから南は駿河湾に至るまで、豊かな自然環境を有しながら、古くから今川氏や大御所時代の徳川家康公の城下町として、独自の文化や産業を育み、日本の中枢都市として発展を続けてきました。
 特に「お茶」や「桜えび」、「プラスチックモデル」などの多様な産業や、国際貿易の拠点である清水港での交易は、本市の経済において重要な役割を担っています。
 また、登呂遺跡、久能山東照宮などの歴史的遺跡・建造物は、本市のみならず日本の大切な財産です。

久能山東照宮

久能山東照宮

静岡浅間神社

静岡浅間神社

三保松原

三保松原

静岡のお茶

静岡のお茶

静岡の海の幸(桜えび・生しらす・まぐろ)

静岡の海の幸(桜えび・生しらす・まぐろ)